Category Archives: 日記

心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になりたいなら

心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になる手段の一つに債務整理があります。
任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務整理はこれら全てをひっくるめた呼び方です。
これらにプラスして債務整理に過払い金請求も含まれるとする見方もあります。
手続きの形式がそれぞれ異なるので、知識を備えた上で自分自身の場合に適した方法はどれか選んで、しっかり借金の債務整理をやり遂げましょう。

申請や手続きを行うという時点になったら、可能な限り早く片をつけたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。
ですが、債務が免除されたり減額されるという決定が下されるためには日数もそれなりにかかります。
債務整理にどの方法を使うのか、スペシャリスト(司法書士や弁護士など)に頼むのか、もしくは独力で全て手続きするのかなどでもかかる時間には差があります。

債務整理によって借金を整理することができますが、それにも何種かの方法が考えられます。
希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。
状況が人によりけりなので適した方法も違います。
自力で手続きしようと思えばできますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら知識の豊富な弁護士や司法書士の知恵を借りましょう。

いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないという場面で行われるのが債務整理です。
大方のところでいうと、債務者が利息の減免や支払い計画の立て直しを希望するため債権者に対話を願い出る事を指します。
ところが、対峙するのは専業者になりますから、一方の債務者は素人一人で折衝しなければならないとなると極めて困難です。
弁護士など専門知識を持つ人に取り持ってもらうというのが普通でしょう。

弁護士にヤミ金被害を無料相談

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、そのやり方は極めて面倒です。
それから、任意整理では債権者とまともに交渉をする事になるため、もしこちらが素人だと知られれば交渉が困難になる可能性も否定できません。
費用が求められますが、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが何よりもうまく手続きを進める方法でしょう。
費用に関する相談は法テラスで受けてもらうことができます。

概して、もしも債務整理を行うと漏れなくブラックリスト入りだと言われる傾向がありますが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。
余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、結果的に完済に至れば事故にはならないでしょうという話です。
とは言え、過払い分が生じていたが金利を引き直してなお債務の残りがあれば、ブラック入りは避けられません。

月々の返済が大変な時に起こすアクションという点は通じますが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合にその不動産を売り払って得たお金をローンの返済に充当する事です。
また、債務整理というのは返済不可能となった借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。
各自の置かれた状況によって、債務整理がいいか、複数の業者の債務を1社にまとめるおまとめローンの方がいいかは一概には言えません。
将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、代わりに信用情報に傷がついてしまい回復してからでないと新規にはお金を借りられないのがデメリットです。

一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられれば多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理での減少額と比較すると下回ります。
しかしながら、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。

債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、問題とされることがそうそうないものの、自己破産によって債務整理を考えた時は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。
破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で定められた上限があります。
基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、もしも隠していた事が知られれば免責が認可されないのはおろかもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

以前に債務整理をしたことがあり、再度の債務整理をするなら、一度目の債務整理がどんな方法で行われたかに応じて手続きが変わります。
債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。
任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。
大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認可されにくいもので、特に二回目に行う自己破産は一層難しくなることを覚悟しましょう。

これまでのようなお金の使い方ができなくなった

我が家は幸い、今のところ借金にまでは至っていないのですが、増税後から随分と生活が厳しくなったような気がします。
生活が厳しくなったというニュースは最近多く取り上げられていることですし、私自身の私生活にも当てはまることです。
年々税金や社会保険料が加算され、実質毎月の生活費が減っているような感覚になります。

確かに物価上昇が賃金アップを上回っている状況ですから当然といえば当然です。
増税や物価高で、これまでのようなお金の使い方ができなくなってきました。
こういったことから、お金の悩みは、他所のご家庭でも今はお金の悩みを抱えている方は少なくないと思います。

我が家では、極力買うものは最小限にして、出費を減らすなどの努力を自分たちなりにこれまで以上にしていると思いますが、貯金に回せるほどのお金が、毎月残りません。
これが将来、消費税率10%になった時や、これ以上の物価高になった時にどう対策を取るべきかということで悩むことは多々あります。
借金はなんとしても避け、とにかく無駄な出費を行わないように心がけ、生活していくというのが今考えられる案です。

私は2年ほど前に、うちから自転車で15分ほどのところにある会計事務所に勤務していました。
そのころは、その会計事務所には女性は他にはいませんでしたので、会話が全くないような状態でした。
でもその会計事務所が移転してしまうことになってしまったので、通うのが遠くなってしまい、結局その会計事務所をやめてしまいました。

それからパートの仕事を探していますが、なかなかなくて困ってしまっていました。
うちには旦那の親もいますので、家にいるのが嫌でしたので、近所の公園をウォーキングするようにしたんです。

平日の午後に近所の大きな公園に行くようになって、犬を連れた年配の人と会話をするようになりました。
毎日その犬を連れた人は、公園にきていましたので、その仲間に加わっていました。

でも1人の人がお金を借りているのを時々みかけていましたので、自分もお金を貸してといわれたら嫌だなと思っていました。
そのお金を借りてた人は仕事をやめたばかりで近所の消費者金融でも、借金癖があると知りました。

参考:ウイズユーでヤミ金の無料相談をするならこちら
URL:http://www.myplanetmypart.net/

お金の悩みは尽きません。
住宅ローン、車のローン、子供の教育費、老後資金の問題など、頭を悩ませます。

特に近頃では、両親の介護資金の問題が切実になりつつあります。
高齢で地方別居中なのです。
病気になってしまったら、足腰が弱く歩けなくなってしまったら、痴呆になってしまったら、実家へ通うだけでも想像を絶する金額が掛かってくるのです。

地方は車社会の為、医者に行く事も手伝いが必要になります。
子供にまだまだ手が掛かる為、 自分の身一つで行動出来ません。
老人介護施設へもすぐに希望の場所へ入れるとは限らないのです。

過疎化の進んだ地方では、若い世代が働く所を確保するのも困難です。
そして恐ろしいことに、私と夫でそれぞれの両親4人の老後を考えなければならないのです。
考えただけで目眩がしそうです。

美味しい物が食べたい、カッコイイ鞄を持ちたい、可愛い靴を履きたいという欲望はまだまだ我慢できそうですが、介護となると待った無しなのです。
その日の為に、1円でも大切に大切に使うことが重要なのかも知れません。

癖にはあって良い物と悪い物がありますが、その中でも借金癖は悪い物の部類に入ります。
借金癖があると自分だけでなく、自分の周囲の人までも不幸にしてしまう事が多いものです。

借金癖がある人は、借りたお金を返済する前に、次の借金をしてしまう事が一般的です。
そうなると雪だるま式に借金が膨らんで行ってしまい、どう頑張っても返済できない状態まで行ってしまう事があります。
それでは最後には、自ら命を絶つか、破産をしなくてはならなくなります。
どちらにしても待ち構えている将来は良い物とは言えませんから、借金癖は治さないといけないのです。

とはいえ借金癖と言うの治すのは容易な事ではなく、多くの人が借金癖を治せずに困っています。
借金と言うのは楽にお金を手に入れる事が出来ますから、どうしてもその借金をしなくてはいられなくなるのです。

ですから借金癖を治すためには、心を鍛えなくてはいけないのです。
弱い心を有したままでは借金癖を治す事はできませんから、精神修練が借金癖を持った人には必要なのです。

任意整理ならば住宅ローンやその他のローンも組める可能性が残る

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば住宅ローンやその他のローンも組める可能性が残ります。債務整理の中でも、支払いを続けるという姿勢を掲示できる任意整理は、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。借りていた業者が違法な金利で貸付を行っていたら、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。この場合は、特にブラックとして問題になる心配がありません。増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。この時にお金にゆとりが出た場合には、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済する方法も使えます。もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いでしょう。

返済の遅延を繰り返すようになると、債務整理のために弁護士事務所を尋ねるというケースは多いです。返済したい気持ちはあるのに、結果的にお金が足りず延滞してしまうというのは、多くの人が経験しています。弁護士の無料相談などを利用して、返済は無理だと判断されれば、債務整理をするしかないでしょう。借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などの取り立てが続いていますし、債務者の精神衛生上よくありませんので、まだ余裕のあるうちにアクションを起こすようにしましょう。借金のことや債務整理をしたことが職場にバレることを恐れて、債務整理することに躊躇いがある人も珍しくありません。しかし、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚する可能性は低いです。債務整理の中でも任意整理を行ったのならまず大丈夫だといえます。なお、そのほかの債務整理を選んだ場合でも、依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、会社にはバレません。むしろ債務整理をせずにいる方が、思わぬキッカケで会社に伝わってしまう可能性が高いといえます。

一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停などが含まれています。多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、解決が早いので、選ぶ人が多いようです。弁護士や司法書士が送った受任通知を業者が受領すれば、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。なお、特定調停や自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は、裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。債務整理したらブラックになってしまいますが、家族に悪影響が出ることはありません。家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックとして扱われるのは本人だけです。ですから、その家族はローンやキャッシングを使うこともできるでしょう。でも、万が一、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。きちんと債務整理を完了したとしても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを組んで高額な商品を購入することができなくなるでしょう。その理由は、借金を債務整理によって整理したとなると、事故アリということで、ブラックリストに情報が保存されることが原因です。短くとも5年間はブラック状態が続くので、時間を置く必要があります。債務整理をすると、その負担を軽くすることができます。けれども、このことは信用情報機関に金融事故歴アリとして残されます。結果として、いわゆるブラック状態になってしまいますから、審査にひっかかり金融機関のサービスが受けられなくなります。債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、覚えておきましょう。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。最もよく知られているものといえば、ブラックになってしまうという点でしょう。これによって、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、選択した債務整理の方法によってブラックが解消されるまでが5年から10年と違いがあります。当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。例えば、信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。よく言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間は各種ローンの審査に通過することが容易ではなくなります。この期間ですが、債務整理のケースでは信用情報機関からデータが消されるまでだいたい5年はかかってしまうでしょう。

>>債務整理の無料相談ができる弁護士事務所

とにかく趣味代がかさむ

私はごく普通の独身会社員なんだけど、お金のかかる趣味が多いので常に金欠。

まずは観劇。
チケット1枚1万円が普通の世界なので、1回観に行くだけで結構な出費になる。
だいたい、観劇に行けばパンフレット代と食事代と交通費はかかるから、1回2万円弱は飛ぶ。
この公演を観に行かなければ洋服を買えるんだけどな……と思うことも時々あるけど、生きがいなのでやめられない。

それから人形。
私の集めている人形は球体関節人形というリアリティに富んだもので、ひとつひとつ手作りだ。小さいものでも4万円くらいするので、こちらもかなりお金がかかる。
さらに、新しく衣装が発売されれば買ってしまうので、人形本体を買えば終了というものでもない。
持ち主の経済力次第で、いくらでもカスタマイズできるのだ。

そんなわけで、私の財布は常に趣味に握られている。手元にまとまった現金があることは少なく、クレジットカードは欠かせない。
今は社員寮に住んでいるからまだ何とかなっているけど、そのうち出ていかなければならないだろう。
そのときちゃんと生活できるのか、甚だ疑問である。

お金の悩みはつきません

私のお金の悩みはつきません。
とにかく、お金はあればある程良いですし、金銭的に余裕があればあるほどに心にも余裕が出でくるものだと思います。
自分に自信がつくのもお金のおかげであることが多いと思います。
しかしながら、お金はなかなか貯まりませんし、簡単にお金を作ることも難しいです。

仕事をたくさん経験していく中で、身にしみて分かるようになったのは、千円稼ぐだけでもどれだけ大変か。
コツコツと貯金をしても、欲しい物があれば買ってしまったり、旅行にでも行こうとすればかなりの出費になります。

お金が欲しい!だから働く。でも、足りない。
よほどの贅沢な生活をしない限り、特にお金が足りていない訳でもないのにもっともっと欲しい!と自分の中の欲がどんどん出てくるのです。
これはどうしたものか。
前向きに考えるとお金を稼ぐ為のモチベーションとなることになるので悪いことではないと思います。

しかし、やっぱり結局はこう思うのです。
「お金が空から降ってくればいいのにな?」

毎月の支払いでお金が残らないのです

私はとある会社で正社員として働いていて、それなりのお給料をもらっています。
ですが毎月の支払いに追われて、収入のほとんどは支払いに消えてしまっているのです。
将来の為に貯金をしたいと思ってはいるのですが、その余裕が全くと言ってない状態なのです。

私は賃貸マンションに住んでいるのですが、その家賃が結構高いのです。
もっと安い家賃の所に引っ越そうかなとも思っているのですが、通勤の利便性を考えると、なかなかいい物件が見つからないのです。

また私はクレジットカードで決済をする事が多いのですが、その支払いも結構な額になってしまうのです。
クレジットカードは現金の様にお金を使っていると言う感覚が希薄なので、ついつい使い過ぎてしまうのです。
それで毎月の支払いの時に、びっくりして青ざめてしまうのです。

更に私には少額ですが借金があり、その利息の支払いも毎月あるのです。
次から次へと毎月支払わなければならない物があり、私は毎月の支払いの為に働いているような物なのです。